丸広百貨店の歴史・沿革


■株式会社丸広百貨店(まるひろひゃっかてん)は、日本の百貨店の一つ。主に埼玉県西部を中心とした地域で、店舗を展開している。本店・中核店舗は川越店である


■株式会社丸広百貨店(概要)
創業者:大久保竹治
創業:昭和14年10月(飯能市)
設立:昭和24年5月
資本金:1億円
売上高:697億円(平成23年度実績)


■大久保竹治(おおくぼ・たけじ)略歴
【1916年~2010年】丸広百貨店グループ創業者。1916年1月5日、 埼玉県飯能町(現飯能市)の製茶農家に5人兄弟妹の二男として生まれる。飯能実業学校卒業後は東京都八王子市で衣料を扱う「丸木」で働き修行。1939年飯能で修行先の名前を借りて「丸木商店」を開店した


■百貨店(店舗)
・川越店
・飯能店
・東松山店
・入間店
・上尾店
・南浦和店
・坂戸店
・アトレマルヒロ


沿革
■1939年10月 創業(飯能市)


■1949年年5月 会社設立


■1951年10月 川越店開設


■1978年12月 南浦和店開店


■1998年9月 川越店全館リモデル開設


■1999年5月 創立50周年


■2005年3月 商品センター開設


■2009年9月 飯能店店舗移転開設


■2012年6月 アトレマルヒロ第一期改装オープン
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.