神田まつやの歴史・沿革


■神田まつやは、東京都千代田区神田須田町にあるそばの専門店である。本店のほか、吉祥寺にも支店(東急百貨店吉祥寺店9階)がある


■味通で知られた小説家の池波正太郎は江戸の香りを残すこの「神田まつや」の店を最もひいきにした


■落語の蕎麦喰いを演じたら名人と伝えられている古今亭志ん朝はここで弟子たちに食べ方を教えたという


■店舗は関東大震災後の1925年に建築された木造2階建ての建物で、2001年に東京都の歴史的建造物に選定されている


■神田まつやは、1884年(明治17年) 福島家の初代市蔵氏が創業。その後2代を経て、関東大震災後、小高家の初代・政吉が継承する


■小高家2代目(4代目店主)賢次郎はそばの製法技術を、「魚藍坂の藪そば」の出身で後に大森梅屋敷藪そばの創業者となる関谷作太郎氏に学んだ


■小高家3代目(5代目店主)の小高登志は「蕎風会」にて「神田藪そば」の先代、「上野蓮玉庵」の先代、「神田錦町 更科」の先代等々老舗の錚々たる方々にそば打ちの技法並びに営業のノウハウを学んだ。その集大成が現在の「神田まつや」の姿となる


■2012年11月26日 日清食品から「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば]が全国発売される

■2013年6月10日 日清食品から「老舗の逸品 神田まつや監修 カレー南ばんそば」が全国発売される


■現在の「神田まつや」の店主
小高孝之(おだか・たかゆき)経歴(プロフィール)
蕎麦職人。神田まつやの六代目。血液型O型。1965年6月、東京都で生まれる。千代田出身。中学時代に既に蕎麦職人になることを決意する。明治学院大学を卒業後、【神田まつや】にて修業を開始する。江戸の味『江戸の手打ち』を伝えることを信条としている
スポンサーサイト
株式会社和えるの歴史・沿革


概要
■株式会社和える
設立年月日:2011年3月16日
資本金:5,000,000円
代表取締役:矢島里佳
所在地:東京都港区西麻布3-5-2-1301


■事業内容
・日本の伝統産業の技術を用いた商品の企画、開発、販売
・弊社の知見や和えるノウハウを用いた、和えるプロデュース事業
・日本の伝統産業の職人の技術を活かしたイベントの企画、制作、実施


沿革
■2009年 ビジネスプランコンテスト「2009キャンパスベンチャーグランプリ」東京産業人クラブ賞受賞(日刊工業新聞)


■2010年 ビジネスプランコンテスト「学生起業家選手権」優秀賞受賞(東京都・財団法人東京都中小企業振興公社)


■2011年3月16日 株式会社和える設立


■「古き良き伝統」と「今を生きる私たちの感性」を混ぜるのではなく和える(あえる)ことで、私たちの生活に伝統産業の技術を活かしながら、伝統をつなぐことを目指し、次世代の人々が誇れる日本の伝統を生み出すために、和えるは誕生した


■株式会社和えるの代表者
矢島里佳(やじま・りか)略歴・経歴(プロフィール)
1988年 東京都生まれ。19歳、2009年から約3年間、伝統を次世代に繋ぐ全国の若手職人をフィーチャーした雑誌連載をJTBの会報誌や週刊朝日にて執筆。慶應義塾大学卒業。2011年 慶應義塾大学大学院在学中に起業 株式会社和えるを設立した。2009年 徳島活性化コンテスト 奨励賞。2009年 キャンパスベンチャーグランプリ 東京産業人クラブ賞。2011年 第4回鯖江地域活性化プランコンテスト 優勝/オーディエンス賞(ダブル受賞)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.