ちびっこランドこやま園の歴史・沿革


■保育所ちびっこランドは株式会社学栄がFC展開している保育所で、0歳児から8歳児までを対象とした教育産業の会社である


概要
■名称:株式会社学栄
創業:昭和63年4月
資本金:3,000万円(グループ全体)
本社所在地:東京都目黒区中目黒1-1-71 KN代官山2F
代表取締役:石坂公代


■事業内容
・保育所経営
・留学斡旋
・教材販売
・陶芸教室
・経営コンサルタント
・イングリッシュスクール経営


■学栄グループ
開園・開校数:498園
園児・生徒数:26,100名 総数 2,710名
園長:432名
保育士:2,053名
役員・一般社員: 225名
(平成26年4月末現在)


沿革
■昭和63年04月 乳幼児教育研究所設立


■平成02年02月 保育所ちびっこランド設立


■平成06年05月 有限会社学栄設立


■平成10年05月 有限会社学栄を株式会社学栄に組織変更


■平成11年03月 保育所ちびっこランド 開園50園達成


■平成11年11月 保育所ちびっこランド 園児総数5,000人突破


■平成12年09月 保育所ちびっこランド 園児総数10,000人突破


■代表者・石坂公代のあいさつ文
株式会社学栄保育所ちびっこランドは、多様化する社会において大いに発展性を持つ企業です。近年、日本の景気回復の足取りが鈍い中、女性就業者の数は年々増加しています。そのため働くお母さんのニーズにあった、最も確率の高い経済効果のある小規模園を展開してまいりました。保育所ちびっこランドのポリシーは、IQ教育(頭の教育)だけでなく、EQ教育(心の教育)にも力を注ぐ保育を実践することです
スポンサーサイト
マレーシア航空の歴史・沿革


■マレーシア航空はマレーシアの国営航空会社で、マレーシア国営の投資会社「カザナ・ナショナル」が69%の株を保有する


■世界 100ヵ所以上の都市に定期便を運航し、多数のチャーター便も飛ばしている


沿革
■1947年マラヤ航空として設立


■1963年マレーシア連邦の成立に伴ってマレーシア航空と改められる


■1965年シンガポールが連邦から独立したためマレーシア・シンガポール航空と改称した。マレーシア・シンガポール両国政府の共同保有に


■1971年4月 マレーシア・シンガポール航空の両国共有が解消、マレーシア側はマレーシア航空を設立。シンガポール側はシンガポール航空となる


■1971年11月 マレーシア航空システムと改称


■2002年 政府全額出資のマレーシア航空会社が設立され、機材保有および国内線事業は同社に移管。マレーシア航空システムは同社の子会社として国際線事業を所管する体制に移行(但し国内線の運航も受託)


ネットワーク(国際線)
■日本
・東京
・大阪


■東南アジア
・バンダルスリベガワン
・バンコク
・デンパサール
・ハノイ
・ホーチミンシティ
・ジャカルタ
・マニラ
・メダン
・プーケット
・プノンペン
・シェムリアップ
・シンガポール
・ヤンゴン


■南アジア方面
・バンガロール
・コロンボ
・デリー
・ダッカ
・ハイデラバード
・チェナイ
・マーレ
・ムンバイ
・コチ
・カトマンズ


■ヨーロッパ
・アムステルダム
・フランクフルト
・イスタンブール
・パリ
・ロンドン


■中近東
・ドバイ
・ジェダ
・アンマン


■オセアニア
・アデレード
・オークランド
・ブリスベン
・ダーウィン
・メルボルン
・パース
・シドニー

■マレーシア国内線
・アロースター
・ビンツル
・ジョホールバル
・コタバル
・コタキナバル
・クアンタン
・クチン
・クアラルンプール
・クアラトレンガヌ
・ラブアン
・ランカウイ
・ペナン
・サンダカン
・シブ
・タワウ
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.