上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式会社スリーボンドの歴史・沿革


■株式会社スリーボンドは、東京都八王子市狭間町に本社を置く、工業用接着剤などのケミカル商品を開発製造する企業である


■1955年に鵜久森(うくもり)税が東京都江東区で「東京スリーボンド」を創業


■創業から数年間は、自動車エンジン用液状ガスケットの製造が中心であったが、やがて工業用接着剤の製造に移行する


■現在の製品は多岐にわたり、接着剤、シール剤、ロック剤、防錆潤滑油など工業用化学商品を手がけている。放熱シリコン接着剤も製造している


■工業用接着剤の製造販売で国内大手にまで成長している


■海外約20ヵ国に拠点があり、2013年度のグループ売上は約669億円


■神奈川県相模原市に、東京本社、岡山県、埼玉県に分散していた研究開発拠点を集約した研究所を建設


■2012年6月より稼働


■敷地は主力工場の一つであるスリーボンド高分子敷地内の約2万6000平方メートルに立地している


■硬式野球部
1960年代から80年代にかけて、硬式野球部があり、都市対抗野球にも出場したが、その後休部した。出身者にはのちに日本ハムファイターズに入団した沖泰司、横浜大洋ホエールズに入団した清水義之らがいる


■株式会社スリーボンドホールディングス
・グループ会社の経営管理・指導、共通業務の集約などを担うスリーボンドグループの持株会社


■株式会社スリーボンド
・日本国内のマーケットや、海外事業所と連携しながら、グローバル展開している企業への啓蒙活動を担う事業会社


■スリーボンドファインケミカル株式会社
・商品開発から製造・出荷・検査・品質保証まで、ものづくりと商品供給を担う事業会社
スポンサーサイト
トランスアジア航空の歴史・沿革


■トランスアジア航空は、台湾の航空会社である


■新たな時代を切り開き、世界市場へと羽ばたくために、国内線・国際線はもちろん、両岸直行便やチャーター便なども運航


■台湾とアジア各地のほか、世界各地をも結び、正真正銘のグローバルな視野をもつ航空会社


沿革
■1951年、台湾初の民間航空会社として台北市に設立


■1958年、ハイジャックが原因と考えられた航空機事故が発生したことから運航を停止。このため業態を国際線の代理業務やケータリングに転換する


■1983年、台湾の国産実業グループに傘下入りする


■1988年、30年ぶりに自社便での国内線の運航を再開


■2012年6月28日 初の日本路線となる、台北/桃園 - 大阪/関西線が1日1便で就航した
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。