上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島津製作所の歴史・沿革・概要


■株式会社島津製作所は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器の製造をおこなう企業である


■完全なBtoBビジネスの企業だが、その製品が活躍するのは、自動車から食品メーカーまでありとあらゆる商品開発の現場から、食品の安全や大気汚染などを調べる用途まで様々である


■2002年に、社員の田中耕一がノーベル化学賞を受賞している


沿革
■1875年 初代島津源蔵が京都木屋町二条南で創業、 教育用理化学器械製造を開始


■1877年 日本で初めて有人軽気球の飛揚に成功


■1896年 X線写真の撮影に成功


■1897年 蓄電池の製造を開始


■1909年 日本初の医療用X線装置を完成


■1915年 光学測定器の製造を開始


■1917年 株式会社に改組、蓄電池部を別会社化


■1930年 2代目島津源蔵が、わが国十大発明家の一人として、宮中賜餐にあずかる


■1936年 航空機器の製造を開始


■1961年 世界初の遠隔操作式X線テレビジョン装置を開発


■2002年 田中耕一がノーベル化学賞を受賞、文化勲章を受章


■2013年 京都府立体育館の命名権を取得。「島津アリーナ京都」の呼称が使用される


創業者
■初代・島津源蔵(しまづ・げんぞう)略歴・経歴(プロフィール)
【1839年~1894年】日本の実業家、発明家。島津製作所の創業者。1875年に京都木屋町二条南で島津製作所を創業し教育用理化学器械製造を開始。1877年に日本で初めて有人軽気球の飛揚に成功する。1894年12月8日に脳溢血のため、55歳で死去
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。