上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花見の歴史・概要


■花見(はなみ)は、主に桜の花を鑑賞し、春の訪れを寿(ことほ)ぐ日本古来の風習である。梅や桃の花でも行われる


■花見は奈良時代の貴族の行事が起源だといわれる


■奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていたが、平安時代に桜に代わってきた


■織豊期には野外に出て花見をしたことが、絵画資料から確認される。この時期の大規模な花見は、豊臣秀吉が行った吉野の花見(1594年)や醍醐の花見(1598年)がある


■庶民の花見は徳川吉宗の時代からはじまったとされる


■8代将軍徳川吉宗が主導した「享保の改革」の一環として、隅田川堤(向島)や飛鳥山(王子)、御殿山(品川)などにサクラを植樹して、さらには花見客用の飲食店までつくらせて、庶民の花見を奨励したのがはじまりといわれる


■庶民の幕府に対する不満をかわすための施策だったとされる
スポンサーサイト
トスカーナ大公国の歴史・概要



■トスカーナ大公国(トスカーナたいこうこく)は、16世紀から19世紀にかけて北イタリアに存在した国家。領域はほぼ現在のトスカーナ州にあたり、同州の前身となった


■トスカーナが政治的な実体を持って地理的文化的に成り立ったのは、15世紀から始まった都市国家フィレンツェがその拡大政策によって1405年にピサを、1421年にはリヴォルノを取得したことに始まった


■トスカーナ大公国の前身フィレンツェ共和国は、メディチ家が支配する16世紀に世襲制のトスカーナ公国になり、領土はトスカーナ地方全域に拡大した


■メディチ王朝の創設者
ジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチ略歴・経歴(プロフィール)
【1360年~1429年】15世紀始めのフィレンツェのメディチ家当主で、メディチ銀行を創設。一族の繁栄を築いた。ローマ教皇庁とのつながりを深め、銀行業で成功した


■メディチ家2代目
コジモ・デ・メディチ略歴・経歴(プロフィール)
【1389年~1464年】フィレンツェ生まれ。父ジョバンニの築いたイタリア第一の銀行のオーナーの地位を受け継ぎ、さらに発展させた。父が亡くなり、メディチ家当主となりメディチ家のフィレンツェ支配を確立した。コジモはフィレンツェに納められた税金のおよそ65%を負担し、死後ロ-マ皇帝にならい、「祖国の父」「pater patriae」の称号を贈られた


■初代トスカーナ大公
コジモ1世略歴・経歴(プロフィール)
【1519年~1574年】初代トスカーナ大公で、フィレンツェの名門メディチ家の1人。メディチ傍系であり、勇敢な傭兵隊長として知られた「黒隊長」ジョヴァンニ(1498-1526年)と妻マリーアの子。ルネサンス期の女傑として知られるカテリーナ・スフォルツァの孫に当たる
KRH株式会社の歴史・沿革・概要


■KRH株式会社(ケーアールエイチ)は、足場事業(くさび式足場の製造、販売、リース、レンタル、施工業務)を主な事業とする企業である


■岐阜県に本社を置く


沿革
■昭和62年10月 岐阜県羽島市竹鼻町狐穴143に資本金300万円にて信和サービス株式会社を設立


■昭和63年1月 クサビ式足場架け払いリース事業部を発足


■平成13年5月 株式の譲渡により息子の青山光司が代表取締役に就任


■平成19年5月 信和サービス株式会社をKRH&CO.,LTDに改称


■平成20年 本社を岐阜県安八郡輪之内町中郷新田2544-2に移転


■平成24年12月 静岡営業所を開設


■概要
名称:KRH株式会社
設立:昭和62年10月
資本金:30,000,000円
従業員:124名
足場架払技術者:250名


■本社
岐阜県安八郡輪之内町中郷新田2544-2


■事業内容
仮設機材-製造、販売、レンタル、施工、生分解事業-製造、販売
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。