六興電気株式会社の歴史・沿革


■六興電気株式会社(ろっこうでんき)は、東京都港区に本社を置く準大手電気設備工事会社である


■社名の六興は、創業者である長江健太郎が6名で会社を興したことに由来する。よく間違われるが、神戸の六甲山とは無関係


■2009年からは、中国籍の宋文洲(ソフトブレーン創業者)が社外取締役を務める


■電力会社の系列に属さない、独立系の企業である


六興電気の強み
■米軍工事と大型マンション工事における圧倒的な実力と知名度がある

■加えて、強固な財務基盤。創業以来培った施工管理能力と新しいニーズに果敢に挑戦する企業風土が2つの事業を育て、強固な財務基盤が工期の長い大型マンション工事を始めとするさまざまな案件を支えている


沿革
■1949年(昭和24年) 長江健太郎ほか5名にて、東京都千代田区神田にて創業

■1963年 設備工事業に参入

■1966年 港区芝の専売ビルへ本社を移転

■1982年 プラント工事事業に参入

■1983年 原子力工事事業に参入

■2009年 創業60年を迎える

■2012年 グアム支店を開設
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.