株式会社鳥貴族の歴史・沿革


■株式会社鳥貴族(とりきぞく)は、本社が大阪市浪速区にある、主に大阪府・兵庫県・東京都を中心に居酒屋「鳥貴族」を展開する企業である


■最大の売りは「メニューが全品280円(税抜)」という低価格路線で、これが人気の秘訣となっている


■味や品質を考慮し、創業当初から産地直送の国産鶏肉を使用している。また新鮮な肉を提供するため、焼き鳥の串打ちは各店舗で行っている


■一方で味の均質化のため、焼き鳥のタレは本社ビル内の工場でまとめて生産している


■店名の「鳥貴族」の由来は、社長の大倉によれば「お客様を【貴族】扱いする(大切にしていく)」「オシャレな名前にする(女性客を増やす)」という2つの狙いからという


沿革
■1985年に創業。大阪府東大阪市の近鉄俊徳道駅前に第1号店「俊徳店」を開店(2008年閉店)

■2014年1月 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・愛知県・東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の1都2府6県に348店舗を展開するまでに拡大

■2014年7月10日 ジャスダック上場


■創業者
大倉忠司(おおくら・ただし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の実業家。焼き鳥居酒屋チェーン「鳥貴族」の創業者。1960年2月4日生まれ。大阪出身。高校卒業後、辻調理師専門学校に入学。卒業後にリーガロイヤルホテル、焼き鳥店などを経て、鳥貴族を創業した
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.