東京建物の歴史・沿革


■東京建物株式会社(とうきょうたてもの)は、安田財閥の創始者、安田善次郎が1896年(明治29年)に設立した日本で最も古い歴史を持つ総合不動産会社である

■住宅ローン、区分所有ビル、大規模マンション建て替えなどの先駆け的存在となった実績を持つ総合不動産会社である


沿革
■1896年 安田善次郎により東京市日本橋区呉服町に設立

■1928年 宅地分譲開始(関口台町分譲地)

■1937年 別荘分譲開始(湯河原)

■1968年 マンション分譲開始(藤沢マンション)。

■1979年 新宿センタービル竣工

■1996年 創立100周年、企業理念・シンボルマーク制定


■東京建物株式会社
創立:1896年(明治29年)10月1日
設立者: 安田善次郎
資本金:924億円(平成26年12月末現在)
本社所在地:東京都中央区八重洲一丁目9番9号 東京建物本社ビル


■事業内容
・ビルの開発・経営
・マンション・戸建の開発・分譲
・不動産の証券化・小口化
・リゾートの開発・分譲・運営
・不動産の仲介・鑑定・コンサルティング
ほか


略歴・経歴(プロフィール)
■安田善次郎(やすだ・ぜんじろう)
【1838年~1921年】安田財閥創始者。越中国安田村(現・富山県富山市)生まれ。文久3年、江戸日本橋で小銭両替商開業。明治13年、合本・安田銀行(旧富士銀行、現・みずほ銀行)を創立。以降、保険、信託その他の分野に進出して安田金融財閥を形成した。83歳で没
スポンサーサイト
キングジムの歴史・沿革


■株式会社キングジムは、主にオフィス、家庭用の文具を製造、販売する日本の会社である

■主力であるファイルを中心とした旧来の文房具だけでなく、「テプラ」や「ポメラ」など電子文具も多数開発している


沿革
■宮本英太郎が『名鑑堂』という名で昭和2年に創業したのが始まり

■1948年 「名鑑堂」を株式会社化した

■1954年 国内初のパイプ式ファイルを発売

■1961年 社名をキングジムに変更

■1975年 世界初の両開きファイル「ドッチファイル」を発売

■1976年 世界初のPP溶着式クリアファイルを発売

■2008年 ATOKを搭載し、テキストデータ入力に特化した端末「ポメラ」を発表。ヒット商品となる


■会社概要
商号:株式会社キングジム
創業:1927年 4月
設立:1948年 8月
資本金:19億7869万円(2014年6月現在)
従業員数:連結:2,421人 個別:403人(2014年6月現在)
本社所在地:東京都千代田区東神田


■役員(2015年5月7日現在)
代表取締役社長:宮本彰
専務取締役:横田英人
常務取締役:宮本英晴
常務取締役:表匡聡
常務取締役:萩田直道
取締役:高野真
取締役:亀田登信
取締役:原田伸一
社外取締役:印南一路
常勤監査役:清水和人
社外監査役:田中誠
社外監査役:遠山勉
社外監査役:谷内篤博
執行役員:古野康弘
執行役員:西俊雄
執行役員:小松隆
執行役員:飯島吾郎
執行役員:岩田健
執行役員:金子英俊
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.