千代田化工建設の歴史・沿革


■千代田化工建設株式会社(ちよだかこうけんせつ)は、日本の建設会社、エンジニアリング会社である


■石油精製、石油化学、天然ガス液化などの大規模プラントの設計、調達、建設一括請負業務で国内外に多くの実績を持つ


■日揮、東洋エンジニアリングと併せて「エンジニアリング御三家」と呼ばれる


■本社所在地
・神奈川県横浜市西区みなとみらい4-6-2みなとみらいグランドセントラルタワー


■設立年月日:1948年 (昭和23年) 1月20日


■市場情報:東証1部


■千代田化工建設は終戦後、実質的に解体状態にあった三菱石油(現 JX 日鉱日石エネルギー)の工事部長であった玉置明善(たまき・あきよし)の「戦後の石油精製事業の再開に備えて技術者を温存し、産業設備専門の高度な技術会社を作りたい」との熱意から誕生した


■三菱石油上層部のバックアップも得、終戦後2年を経過した1948年1月に従業員25名で発足した。初代社長には、玉置の熱望を受け、終戦時の三菱石油の社長、大久保繁雄がついた


■2000年 第9回地球環境大賞受賞


■2012年 みなとみらい地区のみなとみらいグランドセントラルタワーへ本社を移転
スポンサーサイト
陰陽師の歴史


■陰陽師は全ての事象が陰陽と木・火・土・金・水の五行の組み合わせによって成り立っているとする夏、殷(商)王朝時代にはじまり周王朝時代にほぼ完成した中国古代の陰陽五行思想に立脚し、これと密接な関連を持つ天文学、暦学、易学、時計等をも管掌した日本独自の職であるが、前提となる陰陽五行思想自体は飛鳥時代、遅くとも百済から五経博士が来日した継体天皇7年(512年)または易博士が来日した欽明天皇15年(554年)の時点までに、中国大陸(南北朝またはそれ以前)から直接、または朝鮮半島西域(高句麗・百済)経由で伝来したと考えられている


■陰陽師(おんみょうじ/おんようじ)は、古代日本の律令制下において中務省の陰陽寮に属した官職の1つ


■陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを職掌とする方技(技術系の官人。技官)として配置された者を指す


■それら官人が後には本来の律令規定を超えて占術や呪術、祭祀を司るようになったために陰陽寮に属する者全てを指すようになる


■更には中世以降の民間において個人的に占術等を行う非官人の者をも指すようになり、声聞師と重ねられることもあって「声聞師」と呼ばれる場合もあった


■現代においては民間で私的祈祷や占術を行う者と定義付けられており、中には神職の一種のように見られる者も存在する


■有名な陰陽師に安倍晴明がいる
安倍晴明(あべ の・せいめい/ はるあき)略歴
【921年~1005年】平安時代の陰陽師。「晴明」を「せいめい」と読むのは有職読みであり、本来の読み方は確定していない。鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。平安時代では、最先端の学問(呪術・科学)であった「天文道」や占いなどを、体系としてまとめた思想としての陰陽道に関して、卓越した知識を持った陰陽師ともいわれ、当時の朝廷や貴族たちの信頼を受け、その事跡は神秘化されて数多くの伝説的逸話を生んでいった
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.