上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊豆高原の歴史・概要


■伊豆高原(いずこうげん)とは、静岡県伊東市八幡野地区を中心として伊豆急行が開発した別荘地である


■都心からのアクセスが比較的容易であるうえ、海・山の自然が多く残されており、それらを売りにする形で土地が分譲された


■相模灘に面する海岸線までを含めて「伊豆高原」の呼称で呼ぶことが多い。日本で「高原」と呼ばれる場所の中では最も標高が低いと言われる。西南側は天城山に続く高地が接している


■伊豆急行線が通じており、玄関口の伊豆高原駅には東京から運転の特急踊り子号が停車する。自動車では熱海から国道135号か伊豆スカイライン経由となる


■踊り子(おどりこ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)、伊豆急行、東海旅客鉄道(JR東海)および伊豆箱根鉄道が東京駅 - 伊豆急下田駅・修善寺駅間を東海道本線・伊東線・伊豆急行線・伊豆箱根鉄道駿豆線経由で運行する特別急行列車である


■大室山は伊豆東部火山群に属する、約4000年前の活動で形成された火山で、城ヶ崎海岸の断崖絶壁は大室山の噴火によって作られたといわれている


■大室山(おおむろやま)は、静岡県伊東市にある標高580mの火山。伊東市のシンボル的な存在である。国の天然記念物および富士箱根伊豆国立公園に指定されている
スポンサーサイト
サイバーディフェンス研究所の歴史・沿革


■株式会社サイバーディフェンス研究所はセキュリティサービスを手がける日本電気株式会社(NEC)の子会社である


■元々は伊藤忠商事の社内のセキュリティ研究所であった


■設立年月日:2008年10月1日


■所在地:東京都中央区八重洲1-5-20 石塚八重洲ビル10階


■事業内容:セキュリティ診断サービス、セキュリティコンサルティング


■高度なセキュリティ技術をもったプロフェッショナル集団である


■2005年10月
伊藤忠商事内 サイバーディフェンス研究所として設立


■2008年10月
株式会社サイバーディフェンス研究所設立


2009年 6月
■無償サービス「情報漏洩911」サービスを開始


■2009年11月
株式会社フォティーンフォティ技術研究所と業務提携


■2011年 1月31日
東京都中央区八重洲へ移転


■2013年3月1日
NECによる買収完了。NECの100%子会社となる
阿蘇山の火山の歴史・沿革


■阿蘇山(あそさん)は、日本の九州中央部、熊本県阿蘇地方に位置する活火山で、気象庁による常時観測火山に指定されている


■阿蘇山は、世界でも有数の大型カルデラと雄大な外輪山を持ち、「火の国」熊本県のシンボル的な存在として親しまれている


■火山活動が平穏な時期には火口に近づいて見学できるが、活動が活発化したり、有毒ガスが発生した場合は火口付近の立入りが規制される


■歴史時代における噴火記録の大部分は中岳火口において発生した噴火のものである


■一方、中岳以外では1816(文化13)年には中央火口丘群西部の湯の谷温泉において水蒸気爆発に伴う災害が発生しており、 「湯の谷大変」と呼ばれて記録が残されている


■また近年、同西部地域の吉岡周辺において地熱活動が活発化しており、 2006年には噴気孔の形成や植生枯死、小規模な土石流発生が認められている


■2015年9月14日 9時49分ごろ阿蘇山が噴火
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。