上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
博多の歴史・誕生


■博多(はかた)は、九州北部筑前国、現在の福岡県福岡市の地域である


■博多湾に面する港町・港湾都市で、博多津などとも呼ばれた。古代からの歴史を持ち、中世には、大商人達による合議制で治められた日本史上初の自治都市として栄えた


■江戸時代に黒田氏が入国し那珂川を挟んで城下町福岡を築き、二極都市の性格を持った


■明治時代には博多・福岡をまとめて1つの市・福岡市として市制施行されて現在に至り、博多の地名は博多区として残る


■明治時代に行政上から消失した博多の地名は、福岡市が政令市に昇格した1972年4月1日に「博多区」としてその名称を復活させた


■現在「博多」と「福岡」は、特に九州外において同じ地域を指す地名として認識されることが多く、福岡市やその郊外のことを「博多」と呼び変えることも少なくない



■黒田長政(くろだ・ながまさ)経歴(プロフィール)
【1568年~1623年】安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。筑前福岡藩初代藩主。軍師黒田孝高(官兵衛・如水)の長男。幼名は松寿丸。関ヶ原の戦いで大きな戦功を挙げたことから、家康から筑前名島に52万3000石を与えられ、福岡藩初代藩主になった


■黒田孝高(くろだ・よしたか)経歴(プロフィール)
【1546年~1604年】戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。清濁併せ飲む智将として知られている。一般には通称をとった黒田官兵衛(くろだ・かんべえ)、あるいは出家後の号をとった黒田如水(くろだ・じょすい)として広く知られる
スポンサーサイト
櫛田神社の歴史・沿革


■櫛田神社(くしだじんじゃ)は、福岡市博多区にある神社である


■所在地:福岡県福岡市博多区上川端町1-41


■櫛田神社は、古くより博多の氏神・総鎮守として信仰を集めている神社である。7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなどの祭事をおこなう


■祭神は大幡大神(櫛田大神)、天照皇大神、素盞嗚大神(祇園大神)の三神で、正殿に大幡主神、左殿に天照大神、右殿に素盞嗚神が祀られている


■社伝では、天平宝字元年(757年)、松阪にあった櫛田神社を勧請したのに始まるとされ、松坂の櫛田神社の祭神の大幡主神が天照大神に仕える一族の神であったことから、天照大神も一緒に勧請されたと伝えられる


■天慶4年(941年)、小野好古が藤原純友の乱を鎮めるために京都の八坂神社に祈願し、平定した後に素盞嗚神を勧請したと伝えられる


■平安時代末期、平清盛が所領の肥前国神埼の櫛田神社(櫛田宮)を、日宋貿易の拠点とした博多に勧請したものであるとする説がある


■戦国時代に荒廃したが、天正15年(1587年)、豊臣秀吉によって博多が復興されるときに現在の社殿が造営された


■明治元年(1868年)の神仏分離令より前の江戸時代までは東長寺に属する神護寺が櫛田神社を管理していた


■明治24年(1891年)に県社に列した


■平清盛(たいらの・きよもり) 略歴
【1118年~1181年(元永1年~養和1年)】平安時代末期の武将・公卿・政治家。伊勢平氏の頭領である平忠盛の嫡子として伊勢産品(うぶしな、現在の三重県津市産品)で生まれる。生母は不明だが祇園女御の妹という説がある。保元、平治の乱で対立する勢力を一掃し、藤原氏に代わって政権をにぎる。太政大臣となり、娘の徳子を高倉天皇の中宮に入れ、その子供が安徳天皇となる。平氏の全盛を招き一門の繁栄をはかったが、反平氏勢力が各地で旗揚げするなか病死する。享年64歳


■豊臣秀吉(とよとみ・ひでよし)略歴
【1537年~1598年(天文6年~慶長3年)】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・天下人・関白・太閤。尾張出身の戦国武将。農家出身ながら、織田信長に仕え、頭角を現す。1582年(天正10年)、本能寺の変で信長が横死にすると明智光秀を討ち、その後の後継者争いに勝利する。1590年(天正18年)、北条氏を下して事実上の天下統一を達成した。 62歳で没

セブン&アイHDの歴史・沿革


■株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である


■所在地:東京都千代田区二番町8番地8


■設立年月日:2005年9月1日


■2005年9月1日 株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社デニーズジャパンの3社が株式移転により3社の持株会社として設立された


代表取締役会長 兼 最高経営責任者(CEO)に鈴木敏文が就任
代表取締役社長 兼 最高執行責任者(COO)に村田紀敏が就任


■2005年11月
(株)セブン‐イレブン・ジャパン、米国7‐Eleven,Inc.を完全子会社化


■2006年6月
そごう、西武百貨店を擁する(株)ミレニアムリテイリングを完全子会社化


■2013年3月
セブン‐イレブン、四国に初出店


■2015年2月
(株)バーニーズ ジャパンを完全子会社化


■2015年3月
(株)万代と業務提携


略歴・経歴(プロフィール)
■鈴木敏文(すずき・としふみ)
セブン&アイ・ホールディングス会長・CEO。1932年に長野県に生まれる。中央大学経済学部卒業後は、ジャーナリストを目指したが断念。東京出版販売(現・トーハン)で書籍取次の仕事を経験して、1963年にイトーヨーカ堂に入社した。入社して10年が経つと、鈴木は「セブンイレブン・ジャパン」を設立。アメリカのコンビニエンスストアを日本に輸入し、大型コンビニチェーン「セブンイレブン」を日本全土に浸透させた。日本初のコンビニエンスストアを導入しコンビニの父と呼ばれる
東京ガスの歴史・沿革


■東京ガス株式会社は、東京都都市部とその隣接区域(関東地方1都6県の主要都市)を営業区域とする一般ガス事業者である


■総延長約6万kmのガス導管を持ち、都市ガス事業者として世界最大規模、日本国内最大手である


■本社所在地:東京都港区海岸1‐5‐20


■創立年月日:明治18年(1885年)10月1日


■1872年
横浜で日本初のガス事業が始まる。高島嘉右衛門により、馬車道通りに街灯としてガス燈が灯ったことに始まる


■1885年10月
当時の東京府から東京府瓦斯局の払い下げを受け渋沢栄一、浅野総一郎らによって、東京瓦斯会社として創立される


■1893年7月
商法施行に伴い、社名を東京瓦斯株式会社と変更する


■1969年
日本で初めてLNG(液化天然ガス)を導入


■2009年4月
サハリンⅡプロジェクトLNG導入開始


■2009年10月
東京ガスライフバル体制の完成


■2012年3月
千葉~鹿島ラインの完成


略歴・経歴(プロフィール)
■渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)
【1840年~1931年】明治の大実業家。日本資本主義の父。武蔵国榛沢郡血洗島村(現・埼玉県深谷市)の豪農に生まれる。一橋徳川家(15代将軍慶喜)に仕える。慶応3年、パリ万国博随行員。明治維新後官界入りして大蔵大丞。日本初の合本組織(株式会社)である商法会所を設立。明治6年、官界を辞し第一国立銀行総監役に就任し、以降明治経済界のトップリーダーとして幅広く活動した。91歳で没
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。