上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加島屋の歴史


■加島屋は、鴻池(こうのいけ)屋と並び、江戸時代に経済の中心であった大坂を代表する大商人であった


■寛永の頃から大坂御堂前で米問屋を始め、両替商も兼営した。のちに「十人両替」に任命された。諸藩の蔵元・掛屋になり、大名貸で鴻池家と並び称された


■加島屋の初代となる広岡久右衛門正教(まさのり)は、1625(寛永2)年に大坂・御堂前(みどうまえ)に移り住んだとされ、最初に正教が手掛けたのは、精米業であった


■2代目当主・正保(まさやす)と3代目当主・正道(まさみち)の頃に御堂前から玉水町(現在の大同生命大阪本社ビル一帯)に店舗を移す


■4代目当主・正喜(まさのぶ)は堂島米会所設立の翌年、1731年、同会所の「米年寄(こめどしより)に任命される。これは会所の総責任者ともいうべき役職であり、市場の秩序の維持、仲買人や彼らの株札の管理などにあたった


■この正喜(まさのぶ)の時代に加島屋は天下の豪商となり、明治維新まで大坂経済の中心的役割を担った


■明治になり、名だたる豪商が潰れるなか、加島屋は、維新の勝者である長州藩のメインバンクを江戸時代から務めており、新政府の成立と同時に、金穀出納掛(きんこくすいとうがかり)という官職にも就くことができたため、この混乱を乗り越える


■加島銀行、大同生命を設立して、加島屋9代目当主・広岡久右衛門正秋が加島銀行初代頭取、大同生命初代社長に就任した


■加島銀行は昭和恐慌により廃業したが、大同生命は現在も存在しており加島屋が残した遺産企業といえる
スポンサーサイト
ジーンズメイトの歴史・沿革


■株式会社ジーンズメイトは、ジーンズを中心に販売する衣料品チェーン店を展開する企業である


■設立年月:昭和35年10月


■本社所在地:東京都渋谷区元代々木町30-13 1F


■創業者:西脇義信


■経営理念
・価値ある商品を
・誰でも明確に理解できる安さで品揃えをし
・買い物しやすい場所で
・いつでも気軽に
・楽しく
・安心して買える
・地域一番店を目指し
広く社会に役立つことを企業の使命とし、社業の発展に取組んでおります


■昭和35年10月
衣料品製造卸売業として「株式会社西脇被服本店」を岡山県児島市(現岡山県倉敷市)に設立


■昭和42年7月
商号を「株式会社西脇」に変更


■昭和43年4月
東京都中央区日本橋蛎殻町に東京店を開設、卸売業専業となる


■昭和62年5月
小売部門を分離するため旧「株式会社ジーンズメイト」を設立


■平成3年2月
旧「株式会社ジーンズメイト」と合併し、商号を「株式会社ジーンズメイト」に変更


■平成7年7月
日本証券業協会に株式を店頭登録


■平成11年1月
東京証券取引所市場第二部に上場


■平成12年2月
東京証券取引所市場第一部に上場


■平成
24年3月
プライベートブランド「Blue Standard(ブルースタンダード)」立ち上げ
リソー教育の歴史・沿革


■株式会社リソー教育は、首都圏を中心に事業展開をしている学習塾トーマスなどを運営する企業である


■設立年月日:昭和60年7月6日


■本社所在地:東京都豊島区目白三丁目1番40号


■昭和60年7月に、「1クラス6名を限度として100%正社員講師による責任ある指導体制」を目指し、東京都新宿区に設立された「株式会社日本教育公社(にほんきょういくこうしゃ)」が前身である


■平成10年10月「株式会社リソー教育」に商号変更


■平成10年12月 日本証券業協会に、株式を店頭登録


■平成12年 3月「東京マンツーマンスクール」の愛称「トーマス」を正式名称とする


■平成13年 3月 東京証券取引所第二部に上場


■平成14年 1月 本社を東京都豊島区目白3丁目1番40号へ移転


■平成14年 6月 東京証券取引所第一部に上場


■創業者の略歴・経歴(プロフィール)
岩佐実次(いわさ・みつぐ)
日本の経営者。株式会社リソー教育創業者。昭和24年5月14日生まれ。滋賀県出身。1976年(昭和51年)早大一文卒業。1985年日本教育公社(現リソー教育)を設立し、社長に就任。2001年会長兼社長、2008年会長
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。