上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラボウの歴史・沿革


■倉敷紡績株式会社(くらしきぼうせき)は、日本の繊維製品の大手メーカー。通称・対外名称はクラボウ


■日本以外にもブラジル、インドネシア、タイ、中国にグループ企業を展開する


■クラレは、クラボウの多角経営を目的にクラボウ創業者である大原一族により創業された会社であるが、現在、両社に人的・資本関係はない


■小松原慶太郎、木村利太郎、大橋澤三郎らが大原家などの出資を受け、現在の岡山県倉敷市にて設立


■大原家は当時、地元の大地主であった。初代社長に大原家から大原孝四郎が就任した


■創立:1888年(明治21年)3月9日


■大阪本社:大阪市中央区久太郎町2-4-31


■東京支社:東京都中央区日本橋本町2-7-1 NOF日本橋本町ビル2階


■1888年 「有限責任 倉敷紡績所」設立


■1893年 商法施行により「倉敷紡績株式会社」と改称


■1930年「大原美術館」開館


■1988年 「クラボウ」を正式社名扱いとする


■1988年 創立100周年(3月9日)


■2013年 中国に「倉紡紡織國際」設立


略歴・経歴(プロフィール)
■大原孝四郎(おおはら・こうしろう)
【1833年~1910年】明治時代の実業家、社会事業家。大原孫三郎の父。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓は藤田。幼名は幸三。安政5年豪商大原壮平の養嗣子となる。明治21年倉敷紡績所(のちの倉敷紡績)初代社長となり、24年倉敷銀行を設立。31年大原奨学会を創設した。明治43年7月6日死去。78歳
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。