株式会社高速の歴史・沿革


■株式会社高速(こうそく)は、宮城県仙台市に本社をおく食品向けトレー、ラップ、弁当容器を中心とした軽包装資材の専門商社である


■本社:宮城県仙台市宮城野区扇町七丁目4番20号


■創業者:赫規矩夫(てらし・きくお)


■設立年月日:1966年2月12日


■市場情報:東証1部


■創業者である 赫規矩夫(てらし・きくお)は、1957年 大学卒業と同時に金銭登録機や計算機を輸入し販売している「日本アレン金銭登録機械株式会社」に就職


■その後、1965年11月に、同社は全国の各営業所を独立させ同社の地域販社にするという組織改正により、同社の仙台営業所も「東北アレン株式会社」として独立


■本社役員兼務のまま同社の代表取締役として仙台に赴任、3ヶ月後の1966年2月には親会社の株を買い取り独立した


■独立を契機に事務機器の訪問販売の他に消耗品によるリピート販売にも着目する


■1975年 郡山支店、塩釜支店、八 戸営業所を開設


■1999年 東京証券取引所市場第二部に上場


■2002年 東京証券取引所市場第一部に指定替え


■2015年 関東物流センター竣工、開所


略歴・経歴(プロフィール)
■赫規矩夫(てらし・きくお)
日本の実業家。株式会社高速の創業者。昭和32年大学卒業と同時に金銭登録機や計算機を輸入し販売している「日本アレン金銭登録機械株式会社」に就職。その後独立する。2015年11月25日、病気のため81歳で死去。妻は由美子
スポンサーサイト
株式会社ポーラの歴史・沿革


■株式会社ポーラは、主に婦人用の化粧品の製造・販売を行う企業である


■所在地:東京都品川区西五反田2-2-3


■事業内容:化粧品の製造・販売


■設立年月日:1946年7月11日


■創業者:鈴木忍


■1929年、創業者の鈴木忍が厳しい生活のため、手が荒れてしまった妻をいたわるため独学でクリームをつくった。これが化粧品事業のはじまりとなった

■1929年 鈴木忍が静岡で創業


■1940年「ポーラ化成工業株式会社」設立(法人化)


■1946年「株式会社ポーラ化粧品本舗」設立(法人化)


■2004年 袋井工場が緑化優良工場として内閣総理大臣賞受賞


■2006年 純粋持株会社 ポーラ・オルビスホールディングス設立


■2007年 ポーラ販売(株)を本社に統合。 株式会社ポーラ化粧品本舗を株式会社ポーラに改称


■2014年 静岡工場と袋井工場を統合


略歴・経歴(プロフィール)
■鈴木常司(すずき・つねし)
【1930年~2000年】日本の経営者。昭和5年7月6日生まれ。静岡県出身。立大卒。昭和29年創業者である父・鈴木忍の急死により留学先のアメリカから帰国、24歳でポーラ化成工業とポーラ化粧品本舗の社長となる。セールスレディーによる高級化粧品の訪問販売「ポーラ商法」で業績をのばした
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.