上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エースコックの歴史・沿革


■エースコック株式会社は、大阪府吹田市江坂町に本社を置くインスタントラーメンの製造販売を行なう企業である


■1963年発売の業界初「即席ワンタンメン」を始め、初めての餅の入った「力うどん」や「わかめラーメン」、大盛りカップ麺「スーパーカップ」が大ヒットした


■創業:1948年4月1日


■設立:1954年1月20日


■創業者:村岡慶二


■創業者の村岡慶二が1948年に大阪市住吉区でパンの製造販売をする龍門製パン所を設立する


■1959年 即席めんの製造開始「北京ラーメン」誕生


■1954年 梅新製菓株式会社を設立。ビスケット製造販売業を開始


■1963年「ワンタンメン」を発売。同業者である日清食品の「チキンラーメン」と共に、現在まで発売され続けるロングセラー商品となる


■1964年 社名をエースコック株式会社と改称


■1973年 カップ容器入りラーメン第一号「カレーヌードル」発売


■1983年「わかめラーメン」発売


■1988年「大盛りいか焼そば」・「スーパーカップ1.5倍」発売


■1993年 ベトナムに現地法人を設立し、インスタントラーメン「ハオハオ」を発売する。これが瞬く間に大ヒットし、ベトナム一のインスタントラーメン会社としての地位を築く


略歴・経歴(プロフィール)
■村岡慶二(むらおか・けいじ)
日本の実業家。エースコック株式会社の創業者。1954年、大阪市に製菓会社を設立。1959年に即席めん製造を始め、1964年にエースコックに社名変更。1994年まで社長を務めた。2002年、79歳で死去
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。