■『鉄腕アトム』(てつわんアトム)は、手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である



■21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。米題は『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』



■インドの差別がきっかけになり、ロボットと人間の対立、人間によるロボットの差別。つまり鉄腕アトムの発想が生まれたと、手塚治虫は『ガンジー 魂はわれわれとともに』の解説で述べている




略歴・経歴(プロフィール)
■手塚治虫(てづか・おさむ)
【1928年~1989年】漫画家、アニメーター、アニメーション監督。1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。血液型A型
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.