上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大韓航空の歴史・沿革


■株式会社大韓航空(だいかんこうくう)は、大韓民国に本拠地を置く国際航空会社


■韓国のフラッグ・キャリアである


■韓国最大かつアジアで大手の航空会社の一つであり、仁川国際空港を国際線用ハブ空港としてヨーロッパ、アフリカ、アジア、北アメリカ、及び南アメリカとを結ぶネットワークを構築している


■国際貨物国際輸送で世界2位


■国際旅客輸送では世界17位


■現在は物流グループである韓進(ハンジン)グループの中核企業である


■かつては政商として知られる小佐野賢治が90%超の筆頭株主であった


■大韓航空は、1946年設立の大韓国民航空社を前身とし、国営会社である大韓航空公社として1962年に設立された


■赤字が続いたため、1969年に韓進(ハンジン)グループ主導で民営化され株式会社となった


■1972年に米国ボーイング社製のB747ジャンボジェットを購入、また早い段階からエアバスA300も6機保有するなど、将来にわたってグローバルな競争力を身につけるための土台づくりに取り組んだ


■1979年、大韓航空はニューヨークへの旅客直行便を就航


■1980年代には旅客、貨物ともに路線を拡大していく


■1991年のソビエト連邦の崩壊、そして1994年の中国との航空合意により、大韓航空の国際線ネットワークはさらに拡大していく


■1995年、大韓航空は記念すべき100機目の機材を導入した
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。