上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野精養軒の歴史・沿革


■上野精養軒(うえのせいようけん)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある老舗西洋料理店で日本におけるフランス料理店の草分けである


■明治期には国内外の王侯貴族や名士達が馬車で駆けつけるなど、鹿鳴館時代の華やかな文明開化を象徴する存在であった


■夏目漱石や森鴎外の文学作品にも登場する


■1872年(明治5年) 三条実美や岩倉具視の援助により、東京府築地に「西洋館ホテル」創業

■1873年(明治6年) 西洋館ホテル、「精養軒ホテル」と改称


岩倉具視(いわくら・ともみ)略歴
【文政8年(1825年)~明治16年(1883年)】日本の公家、政治家。維新の十傑の1人。公卿・堀河康親の次男として京都に生誕した。政治的剛腕を発揮して、幕末から明治はじめにかけて、日本のカタチづくりに尽力。幕末のおもな働きとしては、公武合体による朝廷権力の復活を狙った和宮降嫁の推進。奇策・大政奉還でなおも政権掌握を狙った徳川慶喜を完全に失脚させたクーデター「王政復古」での宮中工作などがある


夏目漱石(なつめ・そうせき)略歴
【1867年~1916年】日本の国民的小説家。英文学者。江戸牛込馬場下横町(現・東京都新宿区)に生まれる。帝国大学(後の東京帝国大学)を卒業。明治36年、第一高等学校講師になり、東京帝国大学文科大学講師を兼任。明治38年1月 「吾輩は猫である」を『ホトトギス』に発表。明治39年4月 「坊っちゃん」を『ホトトギス』に発表。明治40年、朝日新聞社に入社。「虞美人草」「坑夫」「文鳥」、「夢十夜」「三四郎」「こゝろ」「道草」「明暗」などを朝日新聞に連載する。「明暗」執筆途中に死去(49歳10ヶ月)


森鴎外(もり・おうがい)略歴
【1862年(文久2年)~1922年(大正11年)】明治・大正期の小説家、評論家。島根県生まれ。東大医学部卒業後、陸軍軍医に。明治17年から4年間ドイツへ留学。帰国後、留学中に交際していたドイツ女性との悲運を基に処女小説「舞姫」を執筆。以後、軍人としては軍医総監へ昇進するが、内面では伝統的な家父長制と自我との矛盾に悩み、多数の小説・随筆を発表する。近代日本文学を代表する作家の一人。主な作品「青年」「雁」「阿部一族」」「高瀬舟」「山椒大夫」など
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。