華族会館の歴史・沿革


■華族会館(かぞくかいかん)は東京都千代田区にあった華族の集会所である


■1872年(明治5年)に洋行した河鰭実文と秋月種樹は、イギリス政界での貴族の役割に注目した。そして帰国後、山内豊誠・正親町公薫・平松時厚らと、議会開設に備えた有志の団体、通款社を1873年(明治6年)末に設立し、同じ趣旨を持った『麝香間祗候会議』と合同して、1874年(明治7年)6月、『華族会館』が発足した


■華族会館は単なるクラブではなく、書籍局、講義局、勉強局、翻訳局の設置がその規約に謳われており、1877年(明治10年)、華族子弟の教育機関として学習院が創立された


■華族会館が発足したのは浅草本願寺であったが、2ヵ月後に永田町の旧二本松藩邸に移り、ここで創立総会を開いている


■その後、神田錦町の学習院内、宝田町、上野公園内文部省官舎と移転し、1890年(明治23年)、鹿鳴館を借り受けて移転した


■1894年(明治27年)には、その土地8千坪とともに買い受けている


■この華族会館で若かりし頃、料理の修業をし、後に天皇の料理番となった秋山徳蔵がいる


山内豊誠(やまうち・とよしげ)略歴・経歴(プロフィール)
【1842年~1908年】土佐国土佐新田藩の第6代(最後の)藩主。第4代藩主・豊賢の弟・豊充の長男。正室は正親町実徳の娘。継室は妻木頼黄の姉、綾小路有長の娘。子は内藤正愨(長男、内藤正誠養子)、山内豊英(三男)。官位は従五位下、侍従


平松時厚(ひらまつ・ときあつ)略歴・経歴(プロフィール)
【1845年~1911年】幕末の公家、明治期の官僚・検察官。新潟県令、元老院議官、貴族院子爵議員、錦鶏間祗候。少納言・平松時言の長男として生まれる。安政2年(1855年)に元服し昇殿を許され、甲斐権介に任じられた


■秋山徳蔵(あきやま・とくぞう)略歴・経歴(プロフィール)
【1888年(明治21年)~1974年(昭和49年)】日本の料理人。西洋料理修行のためフランスに渡航。帰国後、東京倶楽部を経て宮内省大膳職主厨長を務め「天皇の料理番」と通称された。フランス料理アカデミー名誉会員。福井県出身
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.