上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川崎汽船の歴史・沿革


■川崎汽船株式会社(かわさききせん)は、東京都千代田区に本社を置く(登記上の本店は兵庫県神戸市中央区)日本の大手海運会社である

■規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である
(2014年3月末時点で583隻を運航)

■上位2社に比べるとコンテナ船への依存率が高いと言われている。この他、石炭、鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船、LNGタンカー、石油タンカーなどを運航している

■ちなみに、日本で初めて自動車専用船を導入したのは同社である

■設立年月日:1919年(大正8年)4月5日

■初代社長:川崎芳太郎

■1919年4月10日
川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立

■1964年
日本海運の集約により飯野汽船を合併、川崎汽船グループの中核会社となる

■1983年
日本籍初のLNG船で当社管理運航の『尾州丸』就航

■2014年
次世代自動車専用船、2隻の追加発注を決定


略歴・経歴(プロフィール)
■川崎芳太郎(かわさき・よしたろう)
【1869年~1920年】明治、大正時代の実業家。旧姓は鬼塚。鹿児島県出身。ニューヨークの商業学校にまなび、帰国後川崎造船所(現川崎重工業)に入社。川崎正蔵(川崎財閥創始者)の養子となり、明治29年副社長に就任。のち神戸川崎銀行頭取。大正6年川崎商船学校(現神戸商船大)を創立した
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。