上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニチカの歴史・沿革


■ユニチカ株式会社は、本店を兵庫県尼崎市 に、本社を大阪市中央区 と東京都中央区 に置く、繊維メーカーである


■ユニチカグループの歩みは、1889年「尼崎紡績」の創業に始まる


■1889年 有限責任尼崎紡績会社を設立


■1918年 (株)摂津紡績と合併し大日本紡績(株)と改称


■1923年 日本絹毛紡績と合併


■1926年 日本レイヨン(株)設立


■1941年 岸和田紡績と合併


■1964年 ニチボー(株)と改称


■1969年 ニチボー(株)と日本レイヨン(株)が合併し、ユニチカ(株)が発足


■1989年 創業100年


■2009年 新規離型フィルムを開発。最高レベルの高熱伝導性ナイロン樹脂を開発


■かつては貝塚工場の女子バレーボール部が著名であった


■バレーボール部のみならず1975年世界選手権で準優勝を果たした日本代表の半数以上を輩出した平野工場(後に山崎工場)の女子バスケットボール部や宇津木妙子が現役時代に所属したことで知られる垂井工場のソフトボール部、常盤工場の軟式庭球部。宇治工場の陸上競技部も強豪として知られた
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。