阪急電鉄の歴史・沿革


■阪急電鉄株式会社(はんきゅうでんてつ)は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄である


■阪急阪神ホールディングスの子会社で、阪急阪神東宝グループに属する。略称は阪急


■会社創立:1907年(明治40年)10月19日


■登記上本店:大阪府池田市栄町1番1号


■本社事務所:大阪市北区芝田一丁目16番1号


■阪急電鉄が運営している鉄道事業は、1907年に設立された箕面有馬電気軌道が、1910年に現在の宝塚本線・箕面線にあたる梅田 - 宝塚間、石橋 - 箕面間を開業したのが始まり


■1910年
宝塚本線梅田 - 宝塚間、箕面線石橋 - 箕面間が開業


■1911年
宝塚新温泉(後の宝塚ファミリーランド)開業


■1913年
宝塚唱歌隊(現在の宝塚歌劇団)を組織


■1918年
阪神急行電鉄に社名変更


■1943年
阪神急行電鉄が京阪電気鉄道を合併、京阪神急行電鉄に社名変更


■1973年
阪急電鉄株式会社に社名変更


■2005年
持株会社化に伴い、阪急電鉄株式会社から阪急ホールディングス株式会社に商号変更


■2006年
阪急ホールディングスから阪急阪神ホールディングスに商号変更


■阪急阪神東宝グループ創業者
小林一三(こばやし・いちぞう)略歴・経歴(プロフィール)
【1873年~1957年】阪急阪神東宝グループ創業者。山梨県韮崎(にらさき)町(現・韮崎市)生まれ。慶応義塾卒。三井銀行(現三井住友銀行)を経て箕面(みのお)有馬電気軌道を創立し専務に就任。昭和2年阪急電鉄社長。昭和4年阪急百貨店、昭和7年東京宝塚劇場(のち東宝)を設立。昭和15年商工大臣、昭和20年戦災復興院総裁。84歳で没。著書「私の行き方」「私の生活信条」「小林一三全集」他
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.