東邦電力の歴史・沿革


■東邦電力(とうほうでんりょく)は日本の大正・昭和戦前期に存在した電力会社。五大電力(東邦電力、東京電燈、大同電力、宇治川電気、日本電力)の一つである

■東邦電力は、源流をたどると名古屋電燈→関西電気と九州電燈鉄道の二系統に分けることができる

■1922年に関西電気と九州電燈鉄道の合併に伴い、九州北部、近畿、中部(1府11県)に及ぶ事業を行うようになったため、東邦電力と改称した

■初代社長は、九州電燈鉄道出身の伊丹弥太郎が、副社長は松永安左エ門 (電力王)で、本社は東京に置かれた

■1942年、国家総動員法により1発電9配電体制に再編されることになり、東邦電力も解散し、日本発送電及び4配電会社(九州、関西、中部、四国)に事業を譲った


略歴・経歴(プロフィール)
■伊丹弥太郎(いたみ・やたろう)
【1867年~1933年】佐賀藩出身の実業家、貴族院議員。電力事業や鉄道事業に力を尽くした。現在の佐賀県佐賀市出身。1893年、父が設立した栄銀行の頭取に就任、さらに佐賀貯蓄銀行、佐賀セメント、佐賀県農工銀行を次々に設立し、海運業などで発展した深川家などと佐賀財閥を形成する。九州電燈鉄道の経営に参加していたほか、筑紫電気軌道(後の九州鉄道)の初代社長を、東邦電力株式会社の初代社長を務めた
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.