ノートルダム大聖堂(パリ)の歴史


■パリのノートルダム大聖堂 はゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂である


■「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された


■現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されている


■ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す


■ノートルダムの敷地は、ローマ時代にはユピテル神域であったが、ローマ崩壊後、キリスト教徒はこの地にバシリカを建設した


■1163年、司教モーリス・ド・シュリーによって、現在にみられる建築物が着工され、1225年に完成した


■ファサードを構成する双塔は1250年に至るまで工事が続けられ、ヴォールトを支えるフライング・バットレスは12世紀に現様式に取り替えられた。最終的な竣工は1345年


■1789年に始まったフランス革命により他の教会同様にノートルダム大聖堂も襲撃を受け、大聖堂を飾っていた歴代の王の彫像が破壊されて埋められた


■この彫像群は1977年に工事の際偶然発見され、現在では近くにあるクリュニー中世美術館に展示されている


■1831年のヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』(「ノートルダムのせむし男」)の舞台になった


略歴・経歴(プロフィール)
■ヴィクトール=マリー・ユゴー
【1802年~1885年】フランス・ロマン主義の作家、詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。フランス東部のブザンソン生まれ。1959年~1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画として採用された


■カトリック教会は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる


■フランスのノートルダム大聖堂
・ノートルダム大聖堂(ルーアン)
・ノートルダム大聖堂 (ストラスブール)
・ノートルダム大聖堂 (パリ)
・ノートルダム大聖堂 (アミアン)
・ノートルダム大聖堂 (ランス)
・ノートルダム大聖堂 (シャルトル)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.