マネックス証券の歴史・沿革


■マネックス証券株式会社は、マネックスグループ株式会社(金融持株会社)の完全子会社で、証券業を営む株式会社である

■本店所在地:東京都千代田区麹町二丁目4番地1

■設立:1999年5月

■創業者:松本大(まつもと・おおき)

■株主:マネックスグループ株式会社


■1999年 ソニー、松本大により株式会社マネックスを設立

■1999年 マネックス証券株式会社に名称変更

■2010年 オリックス証券株式会社を合併

■2013年 ソニーバンク証券株式会社を合併

■2014年 日本初の「対話型投資」ファンド「スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド」の取扱い開始

■2015年 株式会社マネックスFXを合併


略歴・経歴(プロフィール)
■松本大(まつもと・おおき)
マネックスグループ株式会社の創業者。マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO。1963年12月19日埼玉県浦和市(現・さいたま市)で生まれた。東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。30歳で同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニーと共同出資で株式会社マネックス証券を設立した


略歴・経歴(プロフィール)
■勝屋敏彦(かつや・としひこ)
日本の経営者。マネックス証券株式会社2代目社長。東京都出身。1989年 東京大学法学部卒業。三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。2006年 マネックス・ビーンズ・ホールディングス(現マネックスグループ)入社。2015年マネックス証券副社長。2015年11月1日 社長に就任
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.