成城石井の歴史・沿革


■株式会社成城石井は、関東地方を中心に、中部地方、近畿地方に店舗を展開する食料品主体のスーパーマーケットチェーンである

■事業内容:スーパーマーケット、輸入、卸売販売、食品製造、飲食店

■当初は、高級スーパーマーケットのカテゴリーに属していたが、レックス・ホールディングスの傘下になってからは、一般的なスーパーマーケットとしての経営方針に転換した

■本部所在地:神奈川県横浜市西区北幸二丁目9番30号横浜西口加藤ビル5階

■創業:1927年2月

■創業者:石井隆吉(いしい・りゅうきち)

■1927年 東京都世田谷区成城にて、食品店として創業

■1976年 「成城店」新店舗落成、スーパーマーケットとして営業開始

■1997年 初のエキナカ店舗である「アトレ恵比寿店」オープン

■2001年 初の阪急リテールズ FC店「梅田店」大阪府にオープン(関東圏外初出店)

■2013年 100店舗達成「イオンモールむさし村山店」オープン

■2015年 初の遠隔地単店オペレーションとして、山梨県初出店となる「セレオ甲府店」オープン


略歴・経歴(プロフィール)
■石井良明(いしい・よしあき)
日本の実業家。株式会社成城石井社長を歴任。1964年 慶應義塾大学商学部卒業。1976年成城石井「成城店」店舗落成、スーパーマーケットとして営業開始。1997年 初の駅ナカ店舗である「アトレ恵比寿店」オープン。2004年 レインズインターナショナル(現レックス・ホールディングス)へ株式の66.7%を譲渡
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.