上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本カーリットの歴史・沿革


■日本カーリット株式会社は東京都中央区京橋に本社を置く、化学品、電子材料品等の製造及び販売を行う企業である


■社名の由来となったカーリット爆薬の技術力を基に産業用爆薬、自動車・高速道路用の発炎筒、電解による化学薬品、コンデンサなどに使われる電子材料、化学物質の危険性評価や蓄電池の充放電試験などの領域に事業を拡大し、日本の産業基盤を支えている


■本社:東京都中央区京橋1丁目17番10号


■創業者:浅野総一郎(浅野財閥創始者)


■創立:昭和9年(1934年)


■1916年
初代、浅野総一郎がスウェーデンカーリット社から爆薬カーリットの極東に於ける製造販売の特許権を取得し、浅野同族会社においてその研究開発に着手


■1918年
浅野同族株式会社に製薬部を新設し、同年カーリット爆薬の特許取得


■1919年
横浜市保土ヶ谷区に工場(保土ヶ谷工場)を建設し、爆薬「カーリット」の製造を開始


■1920年
(旧)日本カーリット株式会社を設立


■1934年
浅野カーリット株式会社(資本金150万円)を創立。 カーリット事業を浅野セメント株式会社より継承


■1951年
社名を日本カーリット株式会社と改称


■2013年
日本カーリット株式会社の株式移転により純粋持株会社「カーリットホールディングス株式会社」を設立


略歴・経歴(プロフィール)
■浅野総一郎(あさのそ・ういちろう)
【1848年~1930年】浅野財閥創業者。セメント王。越中国氷見郡(ひみぐん)(現・富山県氷見市)薮田(やぶた)村生まれ。明治17年浅野セメントを創業してセメント王への道を邁進。さらに造船、海運、電力、築港埋立、銀行の分野に進出して浅野財閥を形成した。また浅野学園(横浜市)の創立者でもある。82歳で没
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。