上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萩原工業の歴史・沿革


■萩原工業株式会社(はぎはらこうぎょう)は岡山県倉敷市水島に本社を置くブルーシートのトップメーカーである


■本社所在地:岡山県倉敷市水島中通一丁目4番地


■創業:1892年(明治25年)


■設立:1962年(昭和37年)11月29日


■市場情報:東証1部


■事業内容
ポリエチレン・ポリプロピレンを主原料とした合成樹脂繊維のフラットヤーンを用いた関連製品、およびフラットヤーン技術を応用したスリッター等、産業機械の製造・販売


■1892年
岡山県浅口郡西阿知町(現倉敷市西阿知町)にい草を使用した畳表や花筵を扱う萩原商店として創業

■1962年
花筵たて糸用ポリエチレン糸の製造販売を目的に株式会社萩原商店水島工場を分社独立

■1965年
ポリプロピレン延伸テープ製造のため、乾式延伸機を開発


■1967年
アメリカ・中近東・中南米・東南アジアへのプラント輸出を開始


■1974年
世界初のポリエチレン・ターポリンシート、一貫製造工場完成


■2000年
大阪証券取引所市場第二部上場 10億8百万円に増資


■2001年
東京証券取引所市場第二部上場


■2014年
東京証券取引所市場第一部上場
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。