上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三菱商事の歴史・沿革


■三菱商事株式会社(みつびししょうじ)は、三菱グループの大手総合商社である


■2015年現在、総合商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、豊田通商、双日)中のトップである


■創立年月日:1954年7月1日(設立1950年4月1日)


■初代社長:高垣勝次郎(旧三菱商事最後の社長)


■1954年 総合商社・三菱商事が新発足し、東京・大阪両証券取引所に株式上場


■1967年 三菱商事初の経営計画を発表


■1968年 初の大型投資となるブルネイでのLNG開発事業への投資決定。オーストラリアやカナダの鉄鉱石・原料炭、メキシコの塩田事業に代表される、単なる商取引にとどまらない開発投資型ビジネスをグローバルに展開


■1992年 「健全なグローバル・エンタプライズ」を目標とする経営方針発表


■2010年 全社開発部門を地球環境事業開発部門・ビジネスサービス部門に改組し拡充を図る


■2013年5月 「経営戦略2015」を発表


略歴・経歴(プロフィール)
■高垣勝次郎(たかがき・かつじろう)
【1893年~1967年】旧三菱商事最後の社長で、戦後財閥解体された三菱商事を再興し初代社長も務めた。広島県尾道市出身。東京帝国大学法学部卒業。東京銀行の最後の頭取及び東京三菱銀行の初代頭取を務めた高垣佑は息子
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。