上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩崎電気の歴史・沿革


■岩崎電気株式会社(いわさきでんき)は、東京都中央区に本社を置く照明機器を中心とする大手電機メーカーである


■同業種の東証一部上場企業岩崎通信機があるものの、創業者同士が兄弟であるが資本関係はない


■創業者:岩崎福市


■設立年月日:1944年8月18日


■市場情報:東証1部


■1944年に岩崎電波工業(株)として創立。電波探知機(レーダー)の部品製造のために創立される。戦後、平和産業へ転換し、照明分野へ進出


■1945年 岩崎電気(株)と改称


■1949年 我が国初の白熱リフレクター電球を開発、アイランプと命名


■1967年 トンネル非常警報装置、内部照明式道路標識板など交通安全機器を開発


■1974年 茨城製作所竣工、施設用蛍光灯器具の生産開始


■1978年 世界初、150ℓm/Wの最高効率、アイサンルクスエース(高圧ナトリウムランプ)を発売


■2014年 創立70周年を迎える
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。