伏木海陸運送の歴史・沿革


■伏木海陸運送株式会社(ふしきかいりくうんそう)は、富山県高岡市に本社を置く総合物流企業である


■本社所在地:富山県高岡市伏木湊町5番1号


■市場情報:東証2部


■1944年
伏木港湾運送株式会社と日本通運株式会社伏木支店とが合併し、伏木海陸運送株式会社が設立され、伏木港において営業を開始する


■1963年
当社の株式を公開するため東京事務所を開設し、東京証券取引所市場第二部へ新規上場(資本金2億円に増資)する


■1984年
富山新港に、初めてのコンテナ定期航路(富山新港~ソ連・ボストーチヌイ港)が開設され、輸出入コンテナ貨物の取扱、並びにコンテナターミナルにおけるオペレーション業務を開始する


■2010年
針山健二が社長に就任


■2013年
特定保税承認者(AEO事業者)承認取得(大阪税関)


略歴・経歴(プロフィール)
■針山健二(はりやま・けんじ)
日本の経営者。伏木海陸運送株式会社社長。1945年11月10日生まれ。富山県出身。富山大学卒業。昭和43年3月、伏木海陸運送に入社。東京事務所長。取締役営業第一部長。常務取締役営業部長。代表取締役専務。代表取締役副社長。平成22年9月 代表取締役社長。平成26年6月 新湊観光開発株式会社代表取締役社長。平成26年6月 北陸日本海油送株式会社代表取締役会長
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.