上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿屋市の歴史


■鹿屋市(かのやし)は、鹿児島県にある市。九州南東部、大隅半島の中央部に位置する


■縄文時代早期から人の定住があり、弥生時代には王子遺跡といった大規模な集落がみられるようになる


■1300年代初めに鹿屋院は肝付氏の一族である鹿屋氏によって統治され、鶴亀城(後の鹿屋城)を現在の城山公園の位置に置いた


■南北朝時代には荘園が崩壊し、肝付氏は南朝側(公家側)につき、守護大名となった島津氏と対立した


■高須港はこの頃から1573年に至るまで肝付氏の一大拠点として機能するようになり、大姶良は禰寝氏支配地との境界線上になったことから多くの山城が築かれた


■肝付氏亡き後の肝属は、伊集院忠棟が鹿屋城を拠点に地頭として管理した


■1871年 廃藩置県に伴い現在の鹿屋市全域が鹿児島県に属す。廃藩置県後の府県合併に伴い都城県に属す


■1941年 鹿屋町・花岡村・大姶良村が新設合併・市制施行により鹿屋市となる(初代)


■略歴
伊集院忠棟(いじゅういん・ただむね)
【1541年~1599年】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。島津氏の家臣。島津氏の家臣・伊集院忠倉の子として誕生。初名は忠金で天正4年(1576年)までには忠棟と改名している。早くから島津義久に仕え、筆頭家老として島津氏の政務を取り仕切った。武将としても肥後国や筑前国などの出兵で多大な功績を挙げている。忠棟の死後、嫡男の忠真が家督を継いだが、領地の日向都之城に籠り庄内の乱を起こした
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。