リオン株式会社の歴史・沿革


■リオン株式会社は、東京都国分寺市に本社を置く、日本の電気機器メーカー。国内補聴器業界最大手である


■物理学・音響学の研究を目的とする小林理学研究所の研究成果を製品化するため、1944年に株式会社小林理研製作所として設立された


■1960年に社名を現在のリオン株式会社に改めた


■社名のリオンとは、理学の「理」と音響の「音」を組み合わせた造語で、理学に基づいた音響とそれに関連した分野への開拓を目指す意味が込められている


概要
■リオン株式会社
設立:1944年(昭和19年)6月21日
資本金:19億6,904万円(2014年3月31日現在)
売上高:185億1,007万円(2014年3月期・連結
従業員:766名(2014年3月31日現在・連結
上場市場:東京証券取引所市場第一部

■事業内容
医療機器事業(補聴器、医用検査機器)、環境機器事業(音響・振動計測器、微粒子計測器)の製造、販売およびこれらに関連する部品、機器等の製造、販売、サービス


沿革
■1944年 株式会社小林理研製作所(現・当社)を設立


■1948年 日本初の量産型補聴器(H-501)を発売


■1983年 世界初の人工中耳の開発に成功


■1983年 世界初のワイヤレスCROS骨導めがね式補聴器(HE-72)を発売


■2011年 東証一部銘柄に指定


■2012年 東日本営業所を開設
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.