上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーラスエナジーHDの歴史・沿革


■株式会社ユーラスエナジーホールディングスは、東京都港区に本社を置く持株会社で豊田通商と東京電力の合弁会社である


■ユーラスエナジーグループを統括する持株会社で風力発電事業で国内最大手、世界でも有数の風力発電事業者である  


■社名はギリシャ神話に登場する「東の風の神エウロス(Eurus)」に由来している


概要
■株式会社ユーラスエナジーホールディングス
設立年月日:2001年11月1日(2002年9月30日に現商号に変更)
株主:豊田通商株式会社 60% 。東京電力株式会社 40%
資本金:181億9,920万円
従業員数:253名※(2014年4月1日現在) ※ユーラスエナジーグループ
事業内容:風力および太陽光発電事業
本社所在地:東京都港区虎ノ門四丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル7階


沿革
■1986年10月 株式会社トーメン (現・豊田通商株式会社)グループの電力事業としてスタート

■1993年3月 イギリスで事業開始 (ウェールズ〈P&L〉、〈RYG〉風力発電所)


■1996年12月 イタリアで事業開始 (カンパー二ア・プーリア州〈IVPC〉風力発電所)


■1998年2月 スペインで事業開始 (ガリシア州〈Paxareiras I&IIa>風力発電所)


■1999年11月 日本で事業開始 (北海道〈ユーラス苫前ウインドファーム〉)


■2001年11月 株式会社トーメンの電力事業部を分社化し株式会社トーメンパワーホールディングスを設立

■2002年10月 株式会社ユーラスエナジーホールディングスに商号を変更(東京電力株式会社が50%の株主として資本参加)


■2004年3月 株主構成の変更 (東京電力 60% / トーメン 40%)


■2012年1月 株主構成の変更(豊田通商 60% / 東京電力 40%)


■2012年5月 豪州で事業開始(南オーストラリア州<Hallett5>風力発電所)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。