貝印株式会社の歴史・沿革


■貝印は岐阜県関市の地で「ポケットナイフ」や「カミソリの替え刃」から出発した、地方の零細企業であった。2008年に100周年を迎え、今や世界で400万本を売る大ヒット包丁を生み出し、アメリカ海軍も御用達のナイフを生産、世界79カ国に展開しているグローバル企業である


■1908年(明治41年)関市に初代遠藤斉治朗が創業


■1920年 合資会社遠藤刃物製作所を設立し、ポケットナイフの生産を充実


■1932年 関安全剃刀製造合資会社を設立し、初の国産替刃カミソリの製造を開始


■1947年 2代目遠藤斉治朗、株式会社フェザー商会を名古屋市に設立。カミソリ、刃物類の卸売業を開業


■1949年 合資会社三和商会を東京に設立


■1954年 株式会社フェザー商会と合資会社三和商会を合併し、株式会社三和を設立


■1967年 株式会社三和の商号を三和刃物株式会社に改称


■1971年 遠藤刃物製作所を設立し、包丁の生産を開始


■1982年 三和刃物株式会社の商号を貝印刃物株式会社に改称


■1988年 CIを導入し、新たなマーク及び社名にて生販一体となった新生 貝印グループとして新たにスタート


■1998年 世界初、替刃式3枚刃カミソリ「K-3」発売


■1999年 女性用で世界初の3枚刃替刃式カミソリ「レディーK-3」発売


■2008年 創業100周年を迎える


■東京に本社を置く貝印株式会社は販売会社であり、グループ関連企業として岐阜県関市小屋名に、貝印カミソリの製造や、業務用カミソリ、医療用刃物、特殊刃物を専門的に扱う、カイインダストリーズ株式会社がある


■安全剃刀では国内トップのシェア(30%)を持つ。なかでも、使い捨てカミソリにおける国内シェアは50%である。また家庭用品の販売も行なっており、家庭用包丁の国内シェアはトップである。海外では欧米限定発売のダマスカス包丁「旬」がヒットしている


■遠藤宏治(えんどう・こうじ)略歴
日本の経営者。安全カミソリ、家庭用包丁などで国内トップシェアを誇る、貝印株式会社、カイインダストリーズ株式会社の社長。1955年岐阜県関市で生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。米国のロヨラ大学へ留学。コクヨを経て三和刃物(現・貝印)に入社。1989年9月、33歳で貝印グループの社長に就任


関連サイト
遠藤宏治語録http://goo.gl/2fXDBV
遠藤宏治家系図http://goo.gl/LcbQSI
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.