新党「日本を元気にする会」の歴史・沿革


■設立日:2015年1月8日(東京都選挙管理委員会に届け出た日)


■解党したみんなの党に所属していた松田公太参院議員ら4人と、次世代の党に離党届を提出したアントニオ猪木参院議員が立ち上げた党である


■初代代表には松田公太参院議員が就任した


■党の理念
「国民と向き合い、議論し、その結果を尊重する党」


■党のメンバー
・松田公太参院議員(代表者)
・アントニオ猪木参院議員
・井上義行参院議員
・山口和之参院議員
・山田太郎参院議員


■松田公太(まつだ・こうた)略歴
日本の政治家、実業家。参議院議員、タリーズコーヒージャパン創業者。1968年宮城県で生まれる。筑波大学卒業後、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1998年、 タリーズコーヒージャパン株式会社を設立、代表取締役社長に就任。約300店舗を有する一大コーヒーチェーン店に育て上げた。2010年、参議院議員に当選


■アントニオ猪木/本名:猪木寛至(いのき・かんじ)略歴
日本の政治家。参議院議員。昭和18年~(1943年~ )生まれ。銀神奈川県横浜市鶴見区出身。元プロレスラー、実業家。新日本プロレス創業や異種格闘技戦の実現などにより、日本のプロレス・格闘技界に最も大きな影響を与えたひとり。2010年WWE殿堂入り
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.