上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関西ペイント株式会社の歴史・沿革


■関西ペイント株式会社は大阪府大阪市中央区に本社を置く総合塗料の製造販売をおこなう企業である


沿革
■前身である関西ペイント工業所を、玉水弘により、1917年に尼崎市神崎で創業


■1918年 関西ペイントを設立


■1926年 国産初のラッカー「セルバ」を発売


■1933年 東京支店設立、東京工場竣工


■1987年 カンサイペイント(アメリカ)社を設立


■2000年 国産初の自動車補修用水性ベースコートを開発


■2002年 関西ペイントフィリピンの合弁会社設立


■2011年4月 南アフリカ フリーワールドコーティングス社の株式取得、連結子会社化


■2011年12月 ベトナム カンサイアルファナムペイントを設立、連結子会社化


概要
■関西ペイント株式会社
設立:1918年(大正7年)5月
設立者:玉水弘
資本金:25,658百万円
従業員数:11,917名(連結ベース、2014年3月31日現在)
本社所在地:大阪市中央区今橋二丁目6番14号


■事業内容
・各種塗料の製造・販売
・配色設計
・バイオ関連製品および電子材料関連製品の製造・販売


創業者
■玉水弘(たまみず・ひろし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の実業家で関西ペイントの創業者。東京帝国大学(現:東京大学)応用化学科卒業。先発メーカーの日本ペイント、東亜ペイントを経て独立。1917年に関西ペイント工業所を創業した


■二男一女をもうけたが、2人の息子が若くして戦死したことにより、現在の関西ペイントの経営に玉水家は全く無縁である
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。