インターメスティックの歴史・沿革


■株式会社インターメスティック(本社:東京都港区北青山)はフランチャイザー(本部)として眼鏡の企画販売を行い、子会社の株式会社ゾフおよび加盟店が小売店「Zoff」の店舗展開を行っている


■ゾフは2001年に1号店を開いた低価格眼鏡チェーンの草分けとして知られ、現在は国内に約150店を展開している


■1993年3月10日 株式会社ガリレオクラブ(現・株式会社ゾフ)設立


■1993年5月20日 株式会社インターメスティック設立


■2001年2月 Zoff1号店を東京・下北沢で開店


■2004年3月 CONSOMME1号店を東京・コレド日本橋で開店


■2010年、関東地方を中心に全国に98店舗を展開


■2013年12月期の連結売上高は前の期比11%増の157億円


■インターメスティックは上野照博が創業。メガネの価格が大手チェーンでも2万円から3万円が普通だった当時、1万円を下回るスリープライスの価格設定で市場参入し、店舗を拡大してきた。メガネの企画・生産から販売までを行う一貫したシステムを自社で構築し、低コストでクオリティーの高い商品を供給する体制を整えることで発展した
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.