トランスアジア航空の歴史・沿革


■トランスアジア航空は、台湾の航空会社である


■新たな時代を切り開き、世界市場へと羽ばたくために、国内線・国際線はもちろん、両岸直行便やチャーター便なども運航


■台湾とアジア各地のほか、世界各地をも結び、正真正銘のグローバルな視野をもつ航空会社


沿革
■1951年、台湾初の民間航空会社として台北市に設立


■1958年、ハイジャックが原因と考えられた航空機事故が発生したことから運航を停止。このため業態を国際線の代理業務やケータリングに転換する


■1983年、台湾の国産実業グループに傘下入りする


■1988年、30年ぶりに自社便での国内線の運航を再開


■2012年6月28日 初の日本路線となる、台北/桃園 - 大阪/関西線が1日1便で就航した
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.