上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐渡金山の歴史・沿革



■佐渡金山(さどきんざん)は、新潟県佐渡市にある金山である。鉱石は主に銀黒(ぎんぐろ)と呼ばれる石英中に輝銀鉱および自然金の微粒子が脈状に存在するものであった。金山遺跡のうち相川鉱山関係遺跡が「佐渡金山遺跡」として国の史跡に指定されている


■佐渡金山は、1601年に山師3人により開山されたと伝えられる。1603年には徳川幕府直轄の天領として佐渡奉行所が置かれ、小判の製造も行われ江戸幕府の財政を支えた


■1601年(慶長6年)鶴子銀山の山師3人により発見

■1603年(慶長8年)佐渡奉行大久保長安の管轄となる

■1868年(明治元年)工部省に所属

■1889年(明治22年)宮内省御料局に所属

■1896年(明治29年)三菱合資会社に払い下げられる

■1918年(大正7年)三菱鉱業株式会社(現・三菱マテリアル)に引き継がれる



大久保長安(おおくぼ・ながやす/ちょうあん)略歴
【1545年~1613年】戦国時代の武将。武田氏、次いで徳川氏の家臣。後に江戸幕府勘定奉行、老中となった。まったくの外様(30歳近くまで徳川家と関わりがなかった)で老中(加判)に就いた唯一の人物であり、その謎めいた生涯は多くのフィクションの対象となっている
リオデジャネイロの歴史・沿革


■リオデジャネイロはブラジル南東部に位置するリオデジャネイロ州の州都である


■都市周辺の美しい文化的景観は「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」として、2012年に世界遺産リストに登録された


■ブラジルの文化の中心地であり、流行の発信地でもある。「サンパウロ人は仕事で忙しく、リオ人は遊びで忙しい」ともいわれる明るく享楽的な気質を持つ


■17世紀までのリオは、砂糖の栽培と製糖工場がある小さな港町にすぎなかった


■18世紀前半に内陸のミナスジェライス州周辺で金鉱が発見された。この金の集散地は、当初は金鉱発見者であるバンデイランテスたちの基地であるサンパウロであったが、1725年にリオとミナスジェライスを結ぶ新道が開通すると、距離的に近いリオがサンパウロに代わってミナスの金やダイアモンドの積出港となり、ブラジル植民地の交通と富の中心となった


■2016年、第31回夏季オリンピックを開催


■南米大陸初、ラテンアメリカ全体でも1968年開催のメキシコオリンピックに次ぐ48年ぶり2回目のオリンピック開催となった


■リオデジャネイロ市長(9代):エドゥアルド・パエス


略歴・経歴(プロフィール)
■エドゥアルド・パエス
ブラジルの政治家。リオデジャネイロ市長(9代)。常に市民とともに(Sempre Presente)を掲げ、治安、市民生活の向上や、インフラ整備を先頭に立って推進してきた若き政治家。大都市の気象問題を研究するフォーラム「C40」の議長も務める
ファミリアの歴史・沿革


■株式会社ファミリアは、兵庫県神戸市中央区相生町に本社を置く子供服を中心とするアパレルメーカーである


■設立:1950年4月


■設立者:坂野惇子(ばんの・あつこ)。創業者の一人


■創業メンバー
・田村枝津子(坂野惇子の同級生)
・田村光子(田村枝津子の夫の姉)
・不破孝子
・村井ミヨ子


■1948年12月
ファミリアの前身であるベビーショップ・モトヤオープン


■1950年 4月
4人の女性たちが親の立場にたって良心的な商品を製作し、神戸で創業。神戸市生田区三宮に神戸店(センター街店)をオープン


■1970年 4月
スヌーピーの商品、販売開始


■1976年 9月
東京銀座に日本初の子供百貨店 銀座ファミリアをオープン


■1985年 3月
創立35周年を迎え、岡崎晴彦が社長に就任


■2011年 4月
岡崎忠彦が社長に就任


■2015年4月
創立65周年を迎える


■2015年 4月
ファミリアの保育園「familiar PRESCHOOL」を開園


略歴・経歴(プロフィール)
■坂野惇子(ばんの・あつこ)
【1918年~2005年】神戸の女性実業家。子供服・子供向け用品・ベビー用品の取り扱いを専業とする、株式会社ファミリアの創業者。1918年4月11日、兵庫県神戸市で生まれる。甲南高女卒業。1948年12月、計4人の女性により、モトヤベビーショップを神戸市で創業。1950年4月、社名をモトヤからファミリアに改称し、株式会社に改組。同社を子供服の草分け的存在に育てあげた
伏木海陸運送の歴史・沿革


■伏木海陸運送株式会社(ふしきかいりくうんそう)は、富山県高岡市に本社を置く総合物流企業である


■本社所在地:富山県高岡市伏木湊町5番1号


■市場情報:東証2部


■1944年
伏木港湾運送株式会社と日本通運株式会社伏木支店とが合併し、伏木海陸運送株式会社が設立され、伏木港において営業を開始する


■1963年
当社の株式を公開するため東京事務所を開設し、東京証券取引所市場第二部へ新規上場(資本金2億円に増資)する


■1984年
富山新港に、初めてのコンテナ定期航路(富山新港~ソ連・ボストーチヌイ港)が開設され、輸出入コンテナ貨物の取扱、並びにコンテナターミナルにおけるオペレーション業務を開始する


■2010年
針山健二が社長に就任


■2013年
特定保税承認者(AEO事業者)承認取得(大阪税関)


略歴・経歴(プロフィール)
■針山健二(はりやま・けんじ)
日本の経営者。伏木海陸運送株式会社社長。1945年11月10日生まれ。富山県出身。富山大学卒業。昭和43年3月、伏木海陸運送に入社。東京事務所長。取締役営業第一部長。常務取締役営業部長。代表取締役専務。代表取締役副社長。平成22年9月 代表取締役社長。平成26年6月 新湊観光開発株式会社代表取締役社長。平成26年6月 北陸日本海油送株式会社代表取締役会長
黒田工業の歴史・沿革


■株式会社黒田工業(くろだこうぎょう)は、宮崎県日向市に本社を置く、産業廃棄物、一般廃棄物、医療廃棄物、土木建築用資材等廃棄物の収集、運搬、処理及び再生、加工並びに再生品の販売を行う企業である


■昭和39年2月 黒田工業所 設立創業


■昭和43年9月 有限会社黒田工業に社名変更


■平成8年4月 株式会社黒田工業に組織変更


■平成19年4月 ひゅうがリサイクルセンター 操業(宮崎県日向市竹島町)


■平成20年5月 代表取締役社長、黒田實が取締役会長へ就任。常務取締役 加藤功司が代表取締役社長へ就任


■平成27年5月 中国向け廃棄物原料輸出ライセンスを取得


略歴・経歴(プロフィール)
■加藤功司
日本の経営者。株式会社黒田工業 社長。1971年10月13日生まれ。大阪府大阪市出身。創価大学卒業。小学生の頃から演劇を志し、大学進学と同時に演劇部に所属した。勉強そっちのけで演劇どっぷりの大学生活を送った。黒田工業との接点は、大学の後輩で、前社長の四女である妻・範子さんとの出会いから生まれた。2008年 黒田工業の社長に就任。趣味:ミュージカル鑑賞 映画鑑賞
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 歴史 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。